大阪新四十八願所阿弥陀巡礼 公式ホームページ|江戸中期の阿弥陀仏の四十八願にちなんだ巡礼を、このたびの法然上人八百年遠忌を記念して再興いたしました。

大阪新四十八願所_第6番_大鏡寺

トップページ大阪新四十八願所寺院一覧 >第6番・大鏡寺

大阪新四十八願所阿弥陀巡礼 / 第6番「大鏡寺」

大阪新四十八願所阿弥陀巡礼・第6番「大鏡寺」外観

寺院名称)大鏡寺(だいきょうじ)
所在地) 大阪府吹田市五月が丘南23番1号
電話)  06-6388-2476

グーグルマップを表示


寺院・諸堂来歴

  • 文禄2年(1593)深蓮社心誉上人が開山。天満天神の森の北にあった明星池の畔に創建された。最初は明星山来迎院圓照寺と号したが、第二世来願上人のとき名僧幡随意(ばんずいい)上人を百万遍知恩寺から招き、堂宇を新築。寺号を明耀山来迎院大圓鏡寺と改めた。大鏡寺はその略称である。
  • 昭和20年(1945)6月の空襲ですべての堂宇を焼失。昭和35年(1960)に現在地に移転。昭和38年(1963)に本堂・庫裏(くり)などの伽藍をととのえた。
  • 「日本善光寺四十八願所」第8番札所(ふだしょ)・元「大坂円光大師三十三所」第6番札所でもあった。

本尊

大阪新四十八願所阿弥陀巡礼・第6番「大鏡寺」ご本尊
  • 本尊は阿弥陀如来の座像。戦災で先の本尊が焼失したため、兵庫県安楽寺から譲渡されたものである。作者・制作年などの詳細は不明。

宝物・墓石・行事など

  • 土佐秀信筆「當麻大曼荼羅」や後陽成天皇御筆の御名号(おみょうごう)、幡随意上人筆「一枚起請文」などを所蔵する。
  • 年中行事として春秋の彼岸会・盂蘭盆施餓鬼会・お十夜などをいとなむ。



第6願 「天眼智通の願」(てんげんちつうのがん)

もし我れ仏を得たらんに、国中の人天、天眼を得ず、下、百千億那由他諸仏の国を見ざるに至らば、正覚を取らじ。

(もしわれほとけをえたらんに、こくちゅうのにんでん、てんげんをえず、しも、ひゃくせんのくなゆたしょぶつのくにをみざるにいたらば、しょうがくをとらじ)

【大意】

私の浄土の人(にん)・天人は、天眼通(どんな物でも見ることができる能力)を有していて、いかなる仏の国も見ることができますように。



和歌

たらちねの 生まれし道を まづみつつ すくふためしを しかぞうれしき

【訳】

〔天眼通(てんげんつう)によって〕まずは母親が〔六道の〕どこに生まれておられるのかを見つつ、〔それを六道の人を〕救う先例とできるのは本当に嬉しいことよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional